第七回彌勒神業講演会レポート

彌勒神業
07 /01 2013
あれから早一週間。

お陰様で今回も無事講演会を催すことができ
参加された皆さま、陰ながら会を応援して下さった皆さまには感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。



地の弥勒、月の弥勒、日の弥勒とは誰を指し
弥勒三会を経て大弥勒神の誕生となるあたりの説明は大変分かりやすかったです。

10数年前から師の元で学んできたので私にとっては復習となる内容の講演会ですが、改めて話を聴いてみると
多くを忘れてしまっていたり、理解不足のままきてしまった事がよく分かりました。

また、著書『本源』を紐解きながらじっくりと復習するつもりです。


講演会の後は、各団体所属の方々と廣野先生を囲んで小さなお茶会が開かれました。


ベビィがおり長女と交替制にして前半だけの参加でしたので、詳しいレポートが書けなくて申し訳なく思います。



次回は9月21日(時刻・場所も同じ)を予定しております。
またこの場でも告知させて頂きますので
ご興味のある方はぜひご参加くださいませ。



ありがとうございました。
関連記事

コメント

非公開コメント