自然派育児ですが定期健診はどうしていますか?

自然育児 子ども・小児編
06 /20 2014
{458356D7-26FF-4831-902D-A76947200AE9:01}


先日、無医薬で育児をされている知人から質問を受けました

「子供の健診はどうされていますか?」

3歳児健診の案内が来ていたけれど
行かないでいたら保健師の自宅訪問を受けたが
次回も来られるのはあまり良い気持ちがしない、というお話でした


国では、乳児健診(3・4か月、6・7か月、9・10か月)
1歳6か月健診、3歳児健診が実施されていて
時期に合わせて、私たちの元には無料の案内が届きます



この案内を毎回喜んで受け取る人もいれば
そうでない人もいる


私の場合どうかというと
長男の時15年前に一度行ったきりです

健診の次はこちらに並んでください!と考える余地を与えられずツベルクリン検査の列に並ばされてしまいました

「何これ⁈」

健診は予防接種を受ける人がオマケに受ける構図になっているようでした

健診 = ワクチン接種 です

私のようにノンワクチン志向であったり
特にこれといった不安要素や問題も無い場合にはあまりメリットがないイベントではないかと見切りをつけました

以来、一度も受けていませんでしたし
今後も受けさせる予定はありません
知人にもそう伝えました

今ではデパートや大型スーパーマーケットでいつでも身長と体重が測れますからね



先日、末っ子の3・4ヶ月健診に来なかったということで
区から保健師さんが自転車ではるばる家まで来てくれました

私もベイビーを抱いて快く訪問を受け入れ
我が家のノンワクチンや自然育児の現状を伝えたり
おチビ3人を連れて健診に行くまでが大変な苦労であり
今後も受診するつもりは無いことを伝えました

5歳3歳コンビのお姉さんが元気に挨拶をしてくるので
先方もネグレクトではないとわかって安心して帰られたようでした

「もしかしたら、健診に来られない場合
またこうして伺うことがあるかもしれませんが・・・」

大歓迎です!是非ともお願いします!とお答えいたしました


デメリットの方が多いと見定めたなら
行かないという選択肢もあります

自宅で保健師さん、助産師さんになら話せる事、相談したいことも出てくるかもしれませんし、思いがけないパッピーアドバイスをいただける事もあるかもしれませんから
保健師訪問はどうぞ喜んで迎えてあげてください


関連記事

コメント

非公開コメント