保育園と家庭保育

5歳3歳姉妹
05 /30 2013
オチビさん達の初登園

保育園や幼稚園の準備なんて長男の時以来なので
実に10年ぶりです

10年経ってもまだ現役育児してる私って 笑
ベテランと言われますが
心の中では、手抜きのベテランですの、、、と苦笑いしてます

半日の一時保育といえど
準備はかなりたいへんでしたあせる
これで一日保育となれば、シーツにタオルにご飯に着替えと、さらなる準備が必要です

もっと園で遊びたい!と強い要望があれば一日でもいいけど
ちょっと遠慮したいわ、、、


通りすがりの白髪のおばさまからは
保育園に行くと伝えたら、急に暗いお顔をされてしまいました

『お仕事か何か?』

『子どもが行きたいと言うので、たまに利用しています』

『あら、行きたいって?珍しいわね
それで、その間はお仕事か何か?』

また暗いお顔で 笑

『赤ちゃんがいるので、子守です』

『あら、そうなの(^∇^)
健康な人はたくさん産めるのね
頑張ってね
また会えるといいわね』

おばさま、晴れやかなお顔になって去って行かれました



私には必要なメッセンジャーだったのかもしれないと
彼女の表情や言葉を心に刻み込みました



稼ぎがあるから家庭保育と言っていられるのよ
本当にそうでしょうか?
現代の家庭保育というのは、財力の有る無しではなく
母親の我の強さや能力が高すぎるとできないものなのかもしれません

世間知らずの箱入り嫁は単純にそう思います





















関連記事

コメント

非公開コメント