久々の喘息

中学3年
03 /25 2013
松戸にある「パオ」さんのパンを夫と子供の3人で買いに行ってくれました

お店のマダムとは久しぶりのご対面となり話も弾んだようです
それにしても、やっぱりここのパンは美味しいです
千葉一!!美味しいと思います


どのパンを誰が食べるかで小競り合いが始まった長男長女
(やめてほしいわ~あせる)


それからしばらくして胸のあたりが苦しいと私に訴えてきた長男
そのうち前かがみになって動かなくなったので
御前に寝かせてすぐに浄霊をしました

「喘息だ~ドクロドクロ

そのうち育児休暇中の夫もやって来て、ただのふて寝じゃないと分かり
浄霊をしてくれました

「これからも喘息出るのかな・・・」

不安げな長男
背面を10分も施術しないうちにだいぶ楽になったようでそのまま寝てしまいました
目覚めてからはもうスッキリしたようで
一安心しました

就学前にゼイゼイして以来なので
本人も私たちもちょっとびっくりしましたが
自分から浄霊を受けにきた事がなかった人間の成長という点
10分程度で楽にならせてもらえたという点で
本当にありがたく思いました


毒素がどうのというのではなく
相手をひどく責め立てたり
上記のような小競り合いの末に怒号を浴びてしまった時
相手の怨みによる曇りを受けて即浄化が始まってしまうようになったのではないかと思います

ですから、感情抜きでやり取りをしなさい、もっと愛情を、と助言するようになりました


『ずいぶんと向上させてもらえたね』とは廣野先生の言葉です

『これからは浄霊の急所とか言ってる場合じゃないよ』

浄霊している間に気が付いて反省したから10分で治まったという事は、もう子ども扱いはしてもらえない
つまり、人間性の向上を促進させるのがこれからの浄霊の主な役割なのだと認識しなさいというわけなのだろうと思います

曇った内面があからさまに病気の諸症状として表に現れてしまうから
私のようなモノにとっては誤魔化しが効かない恐ろしい時代でございます


今回の喘息は、毎日浄霊を頂いて、尚且つ無医薬で、食事にも気を付けている子ども?だから10分で治まったわけで、そうでない人はもう少し時間がかかるのではないかと思います。。。








関連記事

コメント

非公開コメント

2. Re:非常に参考になります。

>梅さん

こんにちは
コメントありがとうございます

毎回、読者層をどこに絞り、どういう内容を書くかで迷うのですが
廣野先生とのご縁によって、支持者の少ないこういう内容でも素敵なコメントがいただけて、本当に幸せです

臆せずこれからも精進してまいります

1. 非常に参考になります。

とてもためになるお話でした。
どうもありがとうございます。