こちら十草農業圃場~♪麦畑~♪

十草農業
06 /06 2012
こんにちは 塩田です


ミツバチをふやし隊*佐藤忠之 Royal Bee Houseの佐藤さんが
私でさえ未だ現場を見たことの無いという
廣野先生が直々に管理する十草の麦畑を写真で公開して下さっています☆

清らかオーラを味わいたい方は是非飛んでくださいませ☆

記事タイトル「十草農業」
http://ameblo.jp/royal-bee/entry-11267418719.html


味も良く、虫害や病気も無い安定した収穫を得られるようになるまで
最低でも10年はかかると言います

「でもね、10年の間は辛いけど、そのあとは永遠だよ」

今月、三重県の日紫喜農園さんにそうおっしゃっていました


つい自分の人生の尺だけで色々考えてしまうけれど
10年20年のブランクなんて、大きな目で見たら何でもない事なのですね

そうか、永遠か~☆


この無医薬育児もまさにこの時期

3代目、つまり孫の代には病気知らずで心も顔も頭も良い

ダイヤモンドみたいな子がいただけるということらしいです


農業はそういう生き方を

人間がしっかり学べるように短いサイクルでちゃんと見せてくれます

だからこそ、このブログでも無肥料の家庭菜園をお勧めしているわけなのです

いつかは親自体が理解して確信のある子育てが求められます

医学と農業は切っても切り離せない存在です


自然育児転換中のみなさんも、そう思って私と一緒に頑張っていきましょうね☆
関連記事

コメント

非公開コメント

2. Re:十草農業圃場

>ミツバチふやし隊士*佐藤忠之さん

こんにちは コメントありがとうございます

成東の畑はソラマメ畑だった時に1回行かせてもらったきりで、普段食べさせてもらっている小麦粉の畑というのは、四国の圃場の写真くらいで、千葉のはまだ見たことも無かったのです 笑 つまり、食べ専門なのです 汗

数年前、山形十草農園の田んぼに草取りという形で入らせてもらったことがありました。後の二日間は魔法にかかったみたいに心身が爽快でした!!

田んぼがだいぶ吸ってくれたに違いありません・・・その秋「減収」という言葉を聞かずにホッとしたのを覚えています 笑

1. 十草農業圃場

塩田さんまだ拝見してなかったとは、驚愕です。とても特別なことなんだと実感してしまいました。
恐縮です。
たしかに前回、巣箱を設置し終えた時、いきなり呼ばれて、普通は他の人は絶対入れないということを聞きました。ですから今回も、ものすごい神聖な気持ちで畑に入らせていただきました。何年も何年もかけて、思いを込めて畑を作っているのだと、当然だと思いました。
今回ごくわずか、ほんの少しだけ雑草を抜くお手伝いをしましたが、実は麦を倒したり、有用な雑草を踏み潰してしまうのではないかと、怖くなって、畑を離れて付近のミツバチの生息調査をしていました^^;

最後に畑をあとにするとき、廣野先生が畑に向かって手を振っていたのが、とても印象に残っています。