娘を養子に!? 女の子産み分け法

自然育児 出産編
04 /24 2012
こんにちは 塩田です


「次の子が女の子だったら、養子にくれないかな」

な~んて冗談のような本気のような意味深な発言を、男の子を連続4人も産んでいる姉から受けました (笑)

女の子に憧れる姉の気持ち、よくわかります

あちらも無医薬の家庭で、自然農法家と
願ったり叶ったりな環境で申し分が無いのですが、さすがにいくら私でも少し動揺しました


気になる私の本心は、、、


どっちでも、、、いい、、、かな


執着が一番良くない事を知っているので、敢えてこだわらないのです

「あなたの家庭の子供だから、ぜひ頂きたい」

これは、いつの時代もこの上ない誉め言葉ですよね

姉さん、ありがとうございます☆


ちなみに

女神を信仰していると女系になるとか
ある仏教宗派は男が育たないとか言います

でも、姉夫婦の家庭はそのどちらでもないし、その逆でもない

最近の産み分け方では、感度の低いあっさりラブが女の子の秘訣らしいので、今度伝えてみようかしら(笑)


夫婦のバランスを取るために子供が出来ると言うのに、男の子ばかりで悩むというのも、なんだか罰当たりなような気もします


頂けなくて悩むということは
頂けるように変えたほうが解決が早いということ

悩む、それだけの「モノ」があるわけですから、まずはご自分の心を入れ替えてご主人にお仕えし、再度チャレンジして欲しいと思いますが、どうでしょう


どの家庭にも
なにかしら悩みはあるものですね

私は今、咳が止まらなくて、頭が痛くて悩んでいます









関連記事

コメント

非公開コメント