おにたの気持ち~節分のおはなし~

冬のイベント
02 /01 2011
今年の節分はみなさまどう過ごされますでしょうか。
我が家は豆まきしないで、炒り豆に花を咲かせる派です。爆

黄な粉団子を作ってみんなでいただきます。
(花が咲いてないですね・・・)

有機JAS(無農薬・無添加)オーサワの国内産有機きな粉100g

¥343
楽天



節分にまつわるいろいろな言われがありますが、
その中でも、夫婦で吟味して選び抜いた美しい物語や儀式を生活に取り入れることにしたのです。
これ、かなり、風流でいいと思いませんか? 


我が家でセレクトした節分のお話は・・・

節分の意味は、

実はごく古い、神代(神格を得た人間が住んでいた時代)で、

その時に世界を主宰していた神様が国常立尊という。

この神様は非常に厳正な神様で、

間違ったことは許さないというような政策をとったために、

八百万の神様からうとまれてクーデターが起こってしまいました。

排斥運動をして押し込められたのです。

それで艮(東と北の間・鬼門)のある地点に押し込めたのです。

そうして、ふたたび世の中に出てこられないように、

豆を炒ってまいて、その時に“炒豆に花が咲いたら出てきてもよい”と。

それで、鬼門は悪神だから、鬼門に向かって引っ越したり、

いろいろなことをすると恐ろしいというような説を作った。

結局、悪事がはびこる世の中に変わってしまった。

だから、世の中を立て直してもらうために

豆まきをしないで、炒り豆に花を咲かせる型を作って

再度お出ましを願うお祝いをしましょう。


というもの。
押し込められた神様を再び起こし願う意味を込めて、
正式な儀式をやっている方もきっといらっしゃると思います。
なんだか、日本人らしくて素敵ですね。


鬼門に不浄なトイレを作ってはいけないと言われますが、
これは、この方角から流れてくる清浄な霊気をしっかり取り入れるためなのだそうです。


みなさんはどんなお話を知っていますか?



 応援クリックお願いします  
   晴れ猛暑に笑うヒマワリ晴れ    
    にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
皆さんのお子様たちが、心も体も清らかに、たくましく成長される願いを込めて、虹無肥料・無農薬・無堆肥と天の雨水だけで虹種から栽培して撮影加工したランキングバナーです


おにたのぼうし (おはなし名作絵本 2)/あまん きみこ

¥1,050
Amazon.co.jp



日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか (PHP新書)/竹田 恒泰

¥756
Amazon.co.jp

忘れられた原日本像―国常立尊にみる「和」の精神/松岡 養奘

¥1,300
Amazon.co.jp



関連記事

コメント

非公開コメント